Aug

29

行動こそ、ご縁の源

date│ 2019/08/29 05:32

◆今回のテーマ <行動こそ、ご縁の源>

 

あなたはSNSをやっておられますか?

 

私は facebook、Twitter、インスタグラムをやっており、最近ではTicTocも見ています。

もし、まだやっていなければ、「とりあえずやってみる」って思ってやってみて下さい。

facebookを始めたのは、もう7年くらい前でしょうか?今では、自分でfacebook広告も

出せるようになりました。

 

こういうことは、いざビジネスをやりたいなって思った時に、役に立ちますよ。

いろいろな人とネット上ですが知り合いになり、時には、「頑張ろう」って勇気をもらう

こともあります。知らない人とつながるのは、10年前には考えられないことでしたね。

とても進化したものです。こういうところにも縁があるんですね。

 

今回は、人とのご縁、特にビジネスでの結び付きについて、

私の思うところをお伝えしてみたいと思います。

 

あなたが誰かとビジネス(塾)を一緒にやろうとするとき、

その仲間を選ぶ基準はなんでしょうか?

 

私は

「自分にもっていないものを持っている」

「自分よりもスキルが高く、謙虚である。」

といったことを、一つの基準にしています。

 

もちろん、友人との人間関係は違いますよ。

 

あくまで、仕事を一緒にできる人の基準です。

 

一番重要なことは、自分が学べること、

そして望むらくは、相手にも学びをご提供できる関係です。

 

 

そんな観点から、私がいまビジネスをご一緒させていただいている方に、

個別指導学院TOCO(東京都)の信田貴仁先生がいらっしゃいます。

 

【個別指導学院TOCO】

http://www.toco-gakuin.com/

 

慶應大から厚生省(現・厚労省)に入省した生粋のエリートですが、

理想を追い求めてそんなサクセス街道を捨て、

塾を開いたという異色の経歴の持ち主です。

 

また、それだけでなく、努力家でとにかく人柄が素晴らしい。

 

 

もちろんビジネスにおいても、とんでもないエキスパートですよ。

 

WEB集客スキルはもちろん、会社分析能力にも長け、

MBAも取得をしておられるほど。

 

そういった知識と経験を活かして独自の集客スキームを構築し、

なんと塾ナビからの入会率は100%だというのです。

 

 

そんなスゴイ信田先生ですが、知り合ったきっかけは、

互いに参加していたWEB関連のセミナー。

 

塾でWEBマーケティングに真剣に取り組まれる方は珍しいので、

とても印象に残っていました。

 

その後、ちょくちょくお会いすることになったのですが、

塾のFC展開にお互い興味があるという共通項も分かり、

 

「なら、FCビジネスを一緒にやりましょう!」

 

という話になったのです。

 

 

さらに半年後、お世話になっているWEB関連企業の社長から、

「3名でセミナーを共催しませんか?」とお声掛けいただいたのですが、

その時ご紹介いただいたのがまさかの信田先生!

 

点と点だったご縁が、一気に線で繋がり、

そこでまた新たなビジネスが生まれた瞬間でした。

 

 

私はメルマガで

 

「興味のあるセミナーには、どんどん参加したほうがいいですよ」

 

とお伝えしていますが、

こういう繋がりが生まれることもその理由の一つです。

 

特にセミナーは、セミナーごとのテーマがありますがから、

ビジネスに対して、あなたと同じ意図や方向性を持った人が

参加している可能性が高いのです。

 

セミナーで直接的に得られる知識や技術はもちろんですが、

そこで生まれるご縁、そんな間接的要素にも、

あなたの財産となるものがたくさんあるはずですよ。

 

私も、最初に信田先生とお会いした時には、

まさか一緒にセミナー講師を務めることになるとは

思いもしませんでしたしね。

 

よく「どうやったら、そんなスゴイ人と出会えるの?」

 

なんて聞かれたりもしますが、

人との出会いは偶然ではなく必然だと思います。

 

運命とか大げさなものではないですが、

目的を持って行動していれば、必ずご縁があります。

 

行動が、出会うべき人との出会いを引き寄せるという感じでしょうか。

 

当たり前ですが、教室で椅子に座っていれば、

向こうから会いに来てくれるわけではありませんからね。

 

 

あなたも、とにかく動いてください。

会いたい人には、会いに行ってください。

動いて動いて、人とのご縁をたくさん築いてください。

 

「行動力がないなあ……」

 

というあなた。

 

お互い貪欲に実践して参りましょう!

 

 

このページのトップへ ▲